院長のひとりごとブログ blog

今年もお世話になりました

2016年がもう数日で終わろうとしています。

皆様よき1年でしたでしょうか。

 我々には、鳥取中部地震が今年一番の出来事でした。昼休み時間に手術をしているのですが、地震の時はまさに手術中で、手術台や麻酔器が飛び跳ねる状況で、動物が落ちないように押さえておかないといけない状況でした。すぐに停電になってしまい、非常用の電源に切り替わったのでよかったですが、それがなければ大変なことになっていました。手術は早急に終わらせたので、よかったですが、余震が来るたびに外に避難をしていました。

 当日は、ケガをした動物が来るのではないかと病院を閉めずに待機していたのですが、結果的にはほとんど来院がなかったので、ほっとしたことを覚えています。その後も余震があったので数週間分の予定手術を全てキャンセルさせて頂き、落ち着いてから手術をさせて頂きました。

 中部で地震がたびたび生じてきたのは昨年の秋からです。鳥取に来て20年たちますが、震度6は初めてでした。どこでも地震はあるんですね。本当にびっくりしました。まだ、院内は壊れたままで修理の見積もりさえももらえない状況ですが、そのうち工事ができるものと思っています。焦ってもしょうがないので、なるがままです。

 今年は皆様に本当にお世話になりました。

来年も皆様にとってよき年となりますように、心よりお祈り申し上げます。

よきお年をお迎えください。

そして、来年も宜しくお願いします。  

 総院長 高島一昭

 




このページのトップへ