院長のひとりごとブログ blog

動物臨床医学会開催される

 

PANA2728-1.jpgのサムネイル画像

 

 第38回動物臨床医学会が先日開催されました。当院の会長の山根が中心となって始めた学会は今年で38年になります。今回は、特別講演として滝川クリステルさんと、猛禽類研究所の齊藤先生をおよびしました。あまり知られていないですが、クリステルさんは動物愛護活動に取り組まれています。講演のなかで、クリステルさんが、アニマルウエルフェアに則った犬猫の殺処分ゼロを目指しているということをお聞きできて大変うれしかったです。座長をお願いした国立科学博物館館長の林先生もその点をご指摘頂きましたが、まさしく同感です。アニマルウエルフェア(動物福祉)を顧みない殺処分ゼロでは、動物に苦痛を強いる場合がありますので、そのあたりのこともちゃんとお話を頂けてとてもよかったです。齋藤先生のご講演にあった猛禽類の鉛中毒の問題、狩猟で使った鉛弾により、その肉を食べた猛禽類が死亡しているという問題です。これを防ぐには、日本から鉛弾をなくさなければなりません。鉛弾に規制をかけてもらいたいです。皆様、ご署名をお願いします。http://goo.gl/qkMwto

 この活動もクリステルさんが支援されているんですね。動物福祉の先進国になれることを夢見て、我々の財団や動物病院、そして獣医師、1人の日本人として今後も微力ながら活動を続けていきたいと思います。朝日新聞さんのご協力で保護犬猫の写真展(SIPPO展)も開催でき、とても充実した学会でした。全参加人数が5000人を超えました、ご参加、ご協力いただいた方々に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。




このページのトップへ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31