院長のひとりごとブログ blog

新型コロナウイルス

 鳥取県でも少しずつコロナ感染者が増えてきています。

全国的にも第2波が起こり Go toキャンペーンどころではなく、盆も帰ってこれないという事態に陥っています。感染者への誹謗中傷や県外ナンバー狩りなどがおこり、コロナウイルスを憎むあまりに人への攻撃も激化しているように思います。

こんなことは許されることではなく、考えれば誰でもわかることです。コロナはコロナ、人は人です。分けて考えなければいけません。

 誰だって、これだけコロナが増えてくるといつ感染してもおかしくありません。

もっと冷静にならないといけないですね。

 とはいっても、当院でできるコロナ対策は地道に行っていますので、飼い主の方にもご不便をおかけしますが、どうかご協力ください。

 犬にも猫にも独自のコロナウイルスがいますので、犬猫を飼っている人は、知らず知らずに動物のコロナに接して、新型コロナに対する交差免疫ができてればいいなあなんて勝手に思っています。

 ワクチンの語源は、VACCA(牛)という意味です。ジェンナーは、牛飼いの人が牛痘に感染し治った後には天然痘らないということからヒントを得て、牛痘の膿を人に接種して天然痘のワクチンを作ったという逸話はとても有名ですね。ジェンナーの使用人の子供で実験したんですから、今だったら許されないことですけどね。時代によってその常識が全く違うということでもあります。

                                                               高島




このページのトップへ