院長のひとりごとブログ blog

鳥取県初感染SFTSの犬

人が感染すれば大変致死率が高い重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に感染した犬が鳥取県内で見つかりました。

県内での人間の感染はすでに報告されていますが、犬での発生は初報告です。

マダニに噛まれて感染しますが、感染した動物を触っても人が感染することがわかっています。

SFTSのワクチンや特効薬もなく、対症療法のみでの治療になります。

感染すると犬では体調が悪くなる程度ですが、猫では1週間以内に7割弱が死亡します。

鳥取県ではSFTSの発生がなかったのですが、昨年人の感染(西部と東部)が見つかり、そして今回犬にも感染例が見つかりました。

鳥取県が、SFTSの感染地域になったことは明らかです。

犬や猫にはノミやマダニの駆除薬を必ず投与してあげてください。

残念なことに、市販のノミマダニ駆除薬は医薬部外品ですので、効果は全く期待できません。

必ず動物病院で処方してもらってください。

実は、SFTS感染地域では獣医師など動物を扱う職種にも感染者が発生しています。

当院で、お預かりするすべての犬猫に関し、ノミマダニ駆除の投与を確認させて頂きます。

ホテル、入院、トリミングすべての動物が対象になりますが、投与が確認できない場合にはその場で投与させてもらうか、

お預かりをお断りさせて頂きます。

*大変、恐ろしいウイルスです。ご自身および愛犬愛猫を守るためにもなからずノミダニ駆除薬を投与してあげてください。

「まさか」は、大震災、原発事故、新型コロナウイルスで、我々は十分というほと経験しています。

まさかSFTSになるとは。ということがないように十二分な注意と対策をお願いします。

ご理解のほど宜しくお願いします。

 

鳥取県(犬のSFTS情報)

http://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/webview/0EE1C5A649B7BC2B492586E30006CAD0?OpenDocument




このページのトップへ