院長のひとりごとブログ blog

鳥取県でSFTS発生

 先日、鳥取県内でSFTS(重症熱性血小板減少症候群)の感染者が報告されました。県内初めての感染者です。ずっと鳥取県には発生がなかったですので、とても危機感を覚えます。国立感染症研究所の発表によると、2020年5月27日のまとめでは、国内にSFTSに517人が感染し、70人の死亡が確認されています。平均死亡率は13.5%です。ただ、40歳代までの感染者に死亡例はなく、50歳代になると死亡例が認められ始め、その死亡率は50代9.1%、60代8.9%、70代11.3%、80代21.6%、90代21.7%と、高齢になればなるほど高くなる傾向にあります。50~70代で約1割、80代以上で約2割の方が亡くなっていますので、かなり高い死亡率です。この死亡率の高さは新型コロナどころではありません。

 マダニに噛まれて感染する病気ですので、山などに入る場合にはマダニに刺されないように注意をすることが重要です。また、このSFTSは犬や猫にも感染します。猫が感染すると6-7割が1週間以内に死亡するといわれていますし、感染した猫から人への感染例も認められています。犬も感染をしますが、死亡までには至りにくいです。犬から人へも感染します。

 今年は診察をしていてもノミやマダニを付けて来院する犬猫が非常に多いです。特に犬猫が山に入ったわけでもないので、その辺にたくさんのノミやダニがいるんだと思います。市販のノミダニ駆除薬は効力があまりありません。しっかりとした駆除薬の投与をお勧めします。幸いにもSFTSに感染した犬や猫を診察したことはありませんが、怪しい症例にPCR検査は何度が行っています(幸いにもすべて陰性)。飼い主さんが犬猫を守らないといけません。特に猫は重症になりますし、感染した猫から人に感染しますので、猫を外に出さないことが重要です。猫から猫へも感染しますので、ノミダニ駆除薬だけでは防ぎきれません。

 日本紅斑熱の発生も毎年発生しています。いつもは東部や西部での発生なのですが、先日は倉吉市内でも感染者が見つかりました。とても驚きました。これもダニによるものです。新型コロナウイルス感染症の影に隠れてSFTSや紅斑熱が県内でも発生しています。こちらの対策もしなくてはなりません。




電話対応

 倉吉動物医療センターおよび米子動物医療センターを全日予約診療にさせて頂いてから半年が経過しようとしています。新型コロナウイルスへの対応も含めて、以前より待ち時間は格段に短縮されており、多くの皆様からご好評を頂いております。

 一方で、コロナウイルスの関係もあり、お電話による問い合わせが急増しており、ずっと話し中になっていたり、診察のためお電話にさえ出ることができないこともあるようになりました。当院は、7月までは休診なく、毎日診療をしておりますので、お電話がつながらない場合でも休診ではありませんので、時間をおいて再度お電話いただければ幸いです。特に午前中はつながりにくい場合が多く、またお昼休憩中に手術をしておりますので、留守番電話対応になることもあります。そのような場合には、3時以降にお電話いただければ幸いです。

皆様にご不便をおかけすることがございますが、ご理解ご協力のほど宜しくお願いします。

 




アミティエフェスタ無期限中止

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2月からアミティエフェスタの開催を自粛させて頂いています。東京の感染者数は日に日に増加し、鳥取県でも3人の感染者が報告されるなど、まったくもって感染のコントロールができていない状況です。毎月行っていましたアミティエフェスタですが、このような状況ですので、わんわん運動会もチャリティコンサートもすべて中止とさせていだきました。まったく悲しい限りです。開催できるようになれば、改めてご案内をさせて頂きます。

 人為的に猫に新型コロナウイルスを暴露した場合に猫が感染したとか、コロナになった飼い主さんから猫が感染したという報告がわずかな例ですが報告されています。猫が感染源になった報告はありませんので、猫から新型コロナウイルスに人がかかることはありませんが、猫は親和性がすこしあるのかもしれません。とはいえ、犬猫は感染源にならないので、我々の健康には一切関係がないのですが、もし飼い主さんがが新型コロナに感染した場合には、動物を避難させたほうがいいのかもしれません。

 動物病院でもアルコール消毒液もすでに入りにくくなっています。当院では次亜塩素酸水を二十年近く使っていますが、それでコロナもいちころです。病院入り口に置いてありますので、ご来院際には消毒をお願いします。

 




6月まで休まず診察を行います

 月に1回、研究会のために休診を頂いておりましたが、新型コロナウイルスの蔓延をうけ研究会を中止とさせて頂きました。

 研究会の中止にともない、4月、5月、6月の休診予定を取りやめ、通常の診療を行います。

 新型コロナの影響で、アミティエフェスタも行うことができませんし、獣医系や医学系の学会などもすべて中止となっております。

 武漢で発生したコロナウイルスですが、韓国や台湾は早々に対応してその発生をコントロールしていますが、我が国は残念な対応が続いています。韓国や台湾が迅速な対応ができたのは、SARSなどに対応してきたからだそうですが、約10年前に発生した新型インフルの時に、日本も腰をいれた緊急対応策を講じていればこんなことにはならなかったのでしょう。コウモリが発生源ともいわれていますが、動物由来感染症は非常に多いので、野生動物と接触は極力避ける必要があります。捕まえて食べている場合ではありません。エボラも、エイズも鳥インフルも動物由来感染症です。高速輸送と開発によって、地域で発生していた風土病は一気に世界に広がる世の中になっています。以前から指摘されていたことです。便利さに慣れた我々は知らず知らずに感染症をおびき寄せているんです。




新型コロナウイルス

 新型コロナウイルスの影響で、私が所長をしている公益財団法人動物臨床医学研究所の行事も3月はすべてキャンセルとなりました。

 アミティエフェスタや、譲渡講習会、合同カンファレンス、役員会、東京シンポジウムです。そして、本日、4月に開催予定であったアミティエチャリティコンサートも延期する決断を行いました。

 アミティエチャリティコンサートは、6月26日(金)会場18:30、開演19:00に変更になりましたので、6月にお会いできることを楽しみにしています。

 コロナウイルスは、もともと種特異性が高く、犬のコロナウイルス、猫のコロナウイルス、牛のコロナウイルスなどをそれぞれの動物に特有のコロナウイルスを持っています。犬や猫のコロナは人へは感染をしません。今回のコロナウイルスは、コウモリやネズミなどからの感染でないかといわれていますが、これら野生動物を市場で売っていたり料理したりすることでウイルスの変異がおこり、人への感染につながっています。

 一部の報道で、犬からも新型コロナウイルスが弱いながらも検出されたとありますが、犬に新型コロナウイルスは感染したり、犬の体内で増殖して排出されたと確認されていません。基本的に犬によって新型コロナが媒介されることはないと考えられています。

 **ちなみに、あのクルーズ船に私もしくは山根動物病院のスタッフが乗っていたという噂を耳にしますが、まったくのデマです。そんな時間があればいいのですが、残念ながらクルーズ船を見たこともありません。    院長 高島一昭

2020チャリティーコンサート日程変更_ページ_1.jpg




このページのトップへ