お知らせ news

保護犬のためのドッグランを新設

アミティエの保護犬のためのドッグラン新設を目的としたクラウドファンディングを開始しました。

dogrun.JPG

 公益財団法人動物臨床医学研究所は、2014年からは鳥取県、2018年には鳥取市とも連携し、鳥取県動物愛護センターとして保健所で処分される運命の犬や猫の引き受けを続けてきました。飼育放棄や虐待などで心に傷を負った状態にある保護犬にとって、ドッグランは行動問題の矯正トレーニングや怖がりの犬に自信をつけさせるための大切な場所です。しかし、さまざまな過去をもち、ここにいる犬たちの個性はさまざま。とても怖がりな子もいれば、すぐにケンカしてしまう子たちもいます。

 現在ドッグランがひとつしかないため、順番待ちの状態が続き、犬たちのストレスになったり、一般の方のドッグランの利用がしづらい状況になるため、

 訪問者も減少→里親希望者が激減→譲渡が進まない→保健所からの受入れもできなくなりますので、殺処分も増えてしまう......という悪循環に陥ってしまいます。コロナ禍でその厳しさも一層増しています。

 ドッグランがもうひとつあれば、効果的に運動させることができ、この状況を打開することができます。

 そこで、クラウドファンディングサービス「READYFOR」にて、保護犬にも優しく、そして一般の犬たちにも楽しんでもらえる小型犬用のドッグランを新設する資金380万円を第一目標に、5月17日(月)よりプロジェクトを開始実施しました。

 このクラウドファンディングを通して、今一度、動物達の置かれた環境に目を向けていただきたいと思っています。新型コロナウイルス感染拡大が落ち着いたのちに、皆さんのご厚意によって建設されたドッグランで犬たちを遊ばせ、そして皆さんとぜひお会いしたいと思います。

 このプロジェクトを通して、私たちの活動に加わっていただけませんか。


ドッグラン新設にかかる380万円を第一目標に、目標が達成できれば猫舎の増改築を第二目標として挑みます。

(プロジェクトタイトル:保護犬のためのドッグランを新設|新しい家族との出会いをここから。)

https://readyfor.jp/projects/dourinken

*皆様の暖かいご支援をお待ちしております。

--------------

▼クラウドファンディングとは

インターネットを通じて、皆様に資金のご支援を呼びかけるものです。インターネットを通して広く支援を呼びかけるクラウドファンディングという手法を通して、資金だけではなく、多くの皆様に保護犬の現状を知っていただければという思いがあります。

是非、日頃から私たちの活動を見守ってくださっている皆さまからもお力添えをいただけますと大変心強いです。

多くの方から応援のお気持ちとともに、このプロジェクトを成功させたい…!、そう思っています。ご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

また、銀行振り込みによるご支援(ご寄附)も承っています。

アミティエクラウドファンディング.pdf




<< 前の記事 | 次の記事 >>

このページのトップへ
  • 当院の特徴
  • 院長のひとりごとブログ
  • 学術活動 講演や研究・執筆活動
  • 獣医師向け 症例の紹介方法など
  • 学生向け社内研修など
  • 当院メンバーズカード
  • リンク集