お知らせ news

クラウドファンディング次のステップへ 猫舎の増改築を目指します!

CFスライド1.JPG

保護犬のために新しいドッグランを作ってあげたいとの想いからこの度のクラウドファンディングに挑戦をしました。ほんとうに多くの皆様から、暖かいメッセージとともにご支援を頂きまして、我々の励みとなっております。心から御礼申し上げます。ご支援をいただいたことも大変ありがたいのですが、それ以上に、皆様との「つながり」を感じ、一緒に実現したという「実感」をもてたことがとても大きな財産となっています。

 クラウドファンディングも折り返しになりますが、その前にドッグランの目標金額に到達し本当にありがとうございました。感謝申し上げます。早速7月中に工事が開始できるように段取りをしています。ドッグランで楽しく走る犬たちのことを思うと今からとても楽しみです。

 そして、募集期間の最終日まで、次の目標である猫舎の増改築に向けて挑戦を続けます。現在、保健所からの受入れとして猫が増えてきています。保健所での猫の増加に合わせて、アミティエでも、施設内のスペースを猫舎に改修してきましたが、建物が1つしかないため、結果的に保護犬と保護猫が同居してしまっています。仕切りなどで保護猫と保護犬のスペースは分かれていますし、直接犬が見えないようにするなど工夫をしていますが、犬の声はどうしても猫たちに聞こえてしまい、怖がってしまう猫もいます。

 そのため、猫がより安心して暮らせるように、別棟に猫舎の増改築を目指していきたいと考えています。昔、野生動物のリハビリ施設として使用し、今は倉庫になっている建物がありますので、今回はそこを改装して猫の快適な住まいにしたいと思っています。

 犬が苦手な猫は改築した新猫舎に保護し、猫舎が増えた分、保健所から今以上に猫たちを受け入れ、殺処分が少しでも少なくなるようにしたいです。1頭でも多くの猫たちを保護し幸せな家族へつなぐため、猫舎増改築へのご

支援をいただけると大変有り難いです。どうか最後まで見守ってください。よろしくお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/dourinken/announcements/171299




<< 前の記事 | 次の記事 >>

このページのトップへ
  • 当院の特徴
  • 院長のひとりごとブログ
  • 学術活動 講演や研究・執筆活動
  • 獣医師向け 症例の紹介方法など
  • 学生向け社内研修など
  • 当院メンバーズカード
  • リンク集